自分の会社はブラック企業?
労働に疑問を持ったらやっておきたいこと

バブル崩壊以降の日本社会で顕在化してきた
ブラック企業にまつわる労働トラブルは後を絶ちません。
しかし会社の中でなかなか外に漏れることが無いため
実際に労働トラブルとして解決されるには
既に深刻な状態になっていることが多く、
労働トラブルとして積極的に解決するには
「自分の会社はブラック企業では」
と感じた人が行動を起こすことが重要なのです。

さて、では実際にブラック企業ではないかと
疑問を持った時にやっておくべきことは何かと言う際に
まず行うのは
「違法行為を行っていないか」
ということです。
もし残業代未払いや有給拒否などの
違法行為が蔓延しており
改善をするつもりもないと言うようならば
そこは少々ブラックだと考えるべきでしょう。

また何か問題が発生した際に隠蔽しようとしていたり、
会社が問題を起こした時に
責任逃れをしようとしているなら完全にブラックです。
こうしたことを考えていって少しでも「
おかしいな」と感じたのであれば、
早めに労働基準監督署に相談してください。

労働基準監督署は全国各地に置かれた
労働者の安全を守るための機関であり、
労働トラブルが発生した際の相談先としても機能しています。
そしてもし相談していく中で明らかにおかしいと
結論付けられるようなことがあったのであれば、
そこで申告や告発をしてください。
申告は労働基準監督署に対して情報提供をすること、
告発は労働基準監督署に対して会社の労働基準法違反を伝えて
違法行為として受理してもらうことです。
告発の際には証拠や資料が必要になりますので
出勤簿や給与明細など
客観的に会社の違法行為が理解できるものが必要ですが、
告発を受ければブラック企業に対して
法律という名のメスが入ります。

また労働基準監督署以外では
弁護士も労働トラブルの相談を受けていますので、
もし労働トラブルが告発できるかどうかわからない場合には
弁護士に相談をすることも検討しましょう。

ブラック企業は言ってしまえば犯罪企業ですから、
犯罪行為を明らかにする正しい行いです。
「会社に迷惑がかかるから」
と言っているといつまでも改善しませんから、
おかしいと思った時は勇気を持って行動に移すようにしてください。

合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店合同会社まぐねっと主催の福岡弁護士セミナー弁護士保険について合同会社まぐねっと合同会社まぐねっとにて弁護士費用保険Mikataお申し込み合同会社まぐねっとへ弁護士保険に関するお問合せ合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店
Copyright© 2016 合同会社まぐねっと All Rights Reserved.