モラハラ・パワハラ・セクハラ?社内いじめを受けている場合の対処法

昨今多く報告されている労働トラブルである
モラハラやパワハラ、セクハラといったような各種のハラスメント、
言ってしまえば「社内いじめ」に対処するには
自分から行動を起こすことが必要不可欠です。

ではそこで取るべき行動は何かというと、
まず検討するべきとなるのが「上司への報告」です。
もちろんそのいじめ、
労働トラブルの原因となっていたり
加担している人は信用に値しませんから、
それよりも上の立場の人に対して直訴しましょう。
直訴しようとすると周りの人は
「そんなことでわざわざ上の人に手間を取らせるのは良くない」
と言いだすこともありますが、
そうした意見に聞く耳を持つ必要はありません。
まずは上司に直訴して
労働トラブルが起きていることを伝えるのが重要です。

社内に労働トラブルを管理する部門があるのであれば、
そこに連絡をするというのも良い手段になるでしょう。
もしこれで効果が無かったり、
何らかの事情でそうした場所に相談できないのであれば
第三者機関に相談をしてください。
世間的には既にモラハラなどの社内いじめを
単なる社内風土の問題ではなくれっきとした労働トラブル、
法律問題であるとして判断する土壌が出来あがっています。
そのため全国各地に
そうした労働トラブルの相談を引き受けてくれる
第三者機関が相談窓口を設置するようになりましたし、
また弁護士事務所などでもこうした問題は取り扱うようになりました。

この第三者機関への相談は
その会社に対して与えるダメージが大きいため
「会社の人に迷惑をかけるかもしれない」
として二の足を踏んでしまう人が多いですが、
モラハラやパワハラといった社内いじめがあるのであれば
それは改善しなくてはなりません。
特に弁護士に相談をして、
そこで実際に依頼をしたということになると
訴訟を含めたかなり強力な法的対処に乗り出してくれることもあります。
ただ現実的に考えてこうした弁護士への相談になると
転職なども多少視野に入れておく必要がありますから、
モラハラやパワハラの被害に遭っている時は
まず社内の上司や労働トラブル管理部門に相談することを行い、
それで対処できなければ法的対処というように考えると良いでしょう。

合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店合同会社まぐねっと主催の福岡弁護士セミナー弁護士保険について合同会社まぐねっと合同会社まぐねっとにて弁護士費用保険Mikataお申し込み合同会社まぐねっとへ弁護士保険に関するお問合せ合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店
Copyright© 2016 合同会社まぐねっと All Rights Reserved.