その解雇は正当なものか?ある日突然解雇されたら

企業はその運営のコストカットから
正規雇用から非正規雇用の数を増加させる傾向にあり、
その際に労働条件の変更や処遇悪化、
突然のリストラなど労働トラブルは多いです。

特に解雇という労働トラブルは
自身の生活の基盤を失うもので
この労働トラブルは必ず回避する必要があります。

労働基準法では解雇はその離職日から
30日前に予告すれば可能ですが、
労働基準法には方法についての規定が定めてあるだけで
どのような理由でも行っていいと理解する方もいますが、
それは違います。
解雇するにはその権利行使をするに
合理的な理由がないとできません。
つまり労働者が気にいらないから
30日前にやめてくださいと言えば成立するものではないです。

ではこの労働トラブルの基準は労働基準法に規定がなく、
何を根拠にしているかといいますと
いままであった労働トラブルに対する
判例に基づいた労働契約法に規定があります。

この労働契約法に行使の際の要件として
客観的に合理的な理由を欠き、
社会通念上相当であるあるとみとられない場合には
権利濫用として無効とすると規定しています。

しかしこのような労働トラブルに巻き込まれたとき、
一般に労働基準法や労働契約法を
熟知している方はそれほど多くなく
泣き寝入りしてしまうのが普通ですが、
そんな時こそ労働トラブル専門の弁護士に相談して解決してもらうのがいいです。

不当な権利行使については
躊躇なく対応していかないと生活基盤を失うことになるので、
もしこのような突然の解雇を言われたらすぐに従うのでなく、
弁護士に依頼して
労働者として地位保全の仮処分など
雇用維持のための法的措置をとってもらい、
事態の収拾に努めたほうがいいです。

解雇は合理的な理由がないと行使できないための、
この理由づけは厳格に適用されるので
労働者が一方的に不利であることはなく、
権利濫用と認定されることが多いです。
自分で法律を駆使して対応できないため
すぐに相談していくのがベストで、
今ではこの手の労働トラブルであれば
無料で相談に応じてくれる弁護士もいます。

合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店合同会社まぐねっと主催の福岡弁護士セミナー弁護士保険について合同会社まぐねっと合同会社まぐねっとにて弁護士費用保険Mikataお申し込み合同会社まぐねっとへ弁護士保険に関するお問合せ合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店
Copyright© 2016 合同会社まぐねっと All Rights Reserved.