求人票記載の労働条件や給料など待遇が実際と異なる場合の対処法

労働トラブルは最近は増加傾向にあります。
パワハラ、セクハラ、不当解雇、未払い賃金、
違法な残業など労働者を取り巻く環境は良くないです。
労働トラブルでもっとよくあるのは給料の問題です。
給料は労働の対償としてえるものなので
生活の糧である以上真剣になるのも当然で
就職した先の求人票の待遇を見て応募して採用になり、
いざ勤めてみると求人票の内容とは
労働条件の面で給料がかなり違うことがあります。
こうした場合の労働トラブルには
どのように対処すれば適切かと言いますと
ここは労働トラブル専門の弁護士に依頼して
解決してもらうことが先決です。

本来求人票の待遇相違であれば、
ハローワークに申し出て、
企業に注意して是正してもらうことができますが、
これが可能なのは面接の段階で労働条件の相違があった場合で、
採用された後では求人票と違っていても
お互いに合意したものが契約内容になるために
ハローワークは対応できません。
こうした採用後、給料面などの労働条件に関する労働トラブルは
法律的手段を行える弁護士が一番いいです。

採用された後の労働条件を
本来是正するように仲介して直ればいいですが、
企業は労働トラブルを起こすことが日常茶飯事であれば
是正は期待できないために、
会社に対しては損害賠償を請求するという手段があります。
つまり今回採用された問題企業に入職するために住居を変えたとか、
あるいは以前の会社を採用されたために退職した場合には
その逸失利益は大きいので、
その被害を被ったものを金額に換算して請求することができ、
またこの転職の失敗によって
精神的ダメージを受けたことによる慰謝料請求も可能です。

このような具体的な法的手段を
法律の知識なしには到底できず、
労働条件の相違を泣き寝入りして
そのままブラック企業で勤務して苦い思いをして
職業生活を送るよりも、
労働トラブル専門の弁護士に依頼して解決を図ることが
次の職場を探すことになっても最善の策であると思われます。

合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店合同会社まぐねっと主催の福岡弁護士セミナー弁護士保険について合同会社まぐねっと合同会社まぐねっとにて弁護士費用保険Mikataお申し込み合同会社まぐねっとへ弁護士保険に関するお問合せ合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店
Copyright© 2016 合同会社まぐねっと All Rights Reserved.