待遇が変わる?出向命令を拒否することはできるのか?

勤め先の会社との雇用契約は継続しつつ
別の会社で働く「出向」という人事異動は
現在珍しいものでは無くなりましたが、
実際に自分が働く場所が変わるということで
待遇が変わる可能性が高いということは大きな問題になっています。

出向命令を巡って
労働者と雇用者の意見が対立してしまって
労働トラブルに繋がるケースもかなり増えてきているのですが、
ではこの出向命令を拒否することは出来るのかというと、
結論から言ってしまえば事前に出向がありえることを
雇用者が伝えていた場合、
原則として出向命令を拒否することは出来ません。

例えば就業規則の中で
出向について言及されていた場合、
労働者は「就業規則に同意したうえで就職した」
という前提があるので拒否することはできないわけです。

また就業規則に限らずとも
労働協約などで事前に出向の可能性が明言されていた場合、
労働者は事実上出向に同意していたとみなされるため
拒否はできませんし、
拒否をした場合会社は懲戒処分をすることが可能となります。

この規則の同意という点は
案外労働トラブルに繋がりやすい部分ですから
事前にチェックしておきましょう。

こうした就業規則などによる明言が無かった場合には
出向命令は拒否できるわけですが、
実はそれ以外にも「待遇が大きく変更される」
という条件が満たされている場合は、
事実上の同意があったとしても
命令を拒否できる可能性があります。
これは例えば労働者の出向に理由が無い時や
賃金などの労働条件が著しく変化する時、
またその労働者が現在の職場から移れない
やむをない事情がある場合などです。

「やむをえない事情」
というのはなかなか判断が付きにくいため
労働トラブルの原因になりやすいのですが、
判例を見ると
「両親の体に障害があり同居を継続しなくてはならない」
という前提があった場合は命令を拒否できると判断されています。
ただこうした労働トラブルに関連する判例まで行くとなると
弁護士などの専門家の知識が必要になってきます。 「
こういった事例があるから」と個人が言うと
労働トラブルがより大きくなる可能性もありますので、
もし労働トラブルに繋がりそうだなと感じた時は
弁護士への相談を検討しましょう。

合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店合同会社まぐねっと主催の福岡弁護士セミナー弁護士保険について合同会社まぐねっと合同会社まぐねっとにて弁護士費用保険Mikataお申し込み合同会社まぐねっとへ弁護士保険に関するお問合せ合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店
Copyright© 2016 合同会社まぐねっと All Rights Reserved.