パワハラってどんな行為?上司のパワハラを止めさせる方法

パワハラとはパワーハラスメントとして、
企業で権力がある上司や立場が上の人物が
一方的に威嚇やいじめ、嫌がらせや強要など
部下や対象者に与える精神的や肉体的ストレスの事を指し、
年々問題となっている労働トラブルの一つでもあります。

特に身近な上司からの圧力が部下に与える影響は大きく、
企業内でもパワハラを無くすように
全社員に再度周知徹底する事や
定期的に社員にヒアリングする等して
パワハラによる労働トラブル防止を努めている所もあります。

しかし、いまだパワハラは労働トラブルの
上位にもなるほど多い件数で問題となっていますが、
実際に被害に遭った場合にどうやってやめさせればよいか、
解らない当事者も多いでしょう。

労働トラブルにおいては
社内で専用の窓口を設けている所や
労働組合などに相談するという方法があります。
小さい企業には設置されていない所もあるので、
都道府県の労働局の相談コーナーに一度相談されても良いでしょう。
上記の相談窓口は真剣に取り合ってくれる所も多いですが、
改善に至らない場合には最悪退職する前に
「精神的な苦痛」を訴えて弁護士に依頼して
損害賠償を請求するという方法もあります。
とはいえ、労働トラブルを弁護士を雇って訴えるという事は
例え、勝訴したとしても、
同じ企業で働き続けるには気まずくなる事も
視野に入れて検討しなければなりません。

また、どのような嫌がらせや苦痛を
上司からうけたのかの証拠を残さないといけない事もあり、
証拠集めに対しても慎重に行わなければなりません。
とはいえ、嫌がらせをする上司の大半は
故意的にしている部分が大きいので
他の社員も少なからず現場をみていたり、
対象者となっている事もあり得ます。

法的手段に行う前に
企業内で相談窓口があるのであればうまく機能して
労働トラブルを解決する事例を作る事で
社員が気持ちよく働ける環境とは何かを再確認できる機会にもなります。
一人で受け身にならずに声をあげて発信する事が大切でもあります。

合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店合同会社まぐねっと主催の福岡弁護士セミナー弁護士保険について合同会社まぐねっと合同会社まぐねっとにて弁護士費用保険Mikataお申し込み合同会社まぐねっとへ弁護士保険に関するお問合せ合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店
Copyright© 2016 合同会社まぐねっと All Rights Reserved.