性差別や外国人差別であることを理由に
賃金差別にあっている場合の対処法

女性であることや外国人であることを理由に、
賃金などの待遇に差別が発生する労働トラブルがあります。
男女平等の意識や外国人の増加にともなって、
性差別や外国人差別は減少傾向にありますが、
それでも以前のような差別は残っています。

安い給料で外国人を働かせる外国人差別や、
性差別などの労働トラブルがある場合、
どういった対策をすればいいのでしょうか。

まず性差別や外国人差別を違法とする法律として、
労働基準法と日本国憲法があります。
労働基準法には、
国籍の違いを理由として労働条件が不利になったり、
女性であるために男性と差別的な扱いをすることを禁止しています。

また、日本国憲法の第14条には
人種や性別によって差別されないという旨が記載されています。
会社に対して、賃金などの待遇改善を求める場合には、
先に挙げた労働法を根拠として要求を行います。
この労働トラブルに遭遇した場合、
対策の一つとして差別の改善を求める書類を
会社側に送ることが有効です。
口頭で話し合いをしても水掛け論になる可能性もあるので、
書面という正式な形を残しておくことが重要です。
裁判に進むようなケースになると、
書面などが証拠として有効になるので、
手間はかかりますが大切な作業といえます。

また、不当な待遇を是正してもらえるように、
労働基準監督署に申告を行うのも手段の一つです。
是正申告によって監督署が動けば、
調査などが入り会社が差別行為をやめる可能性があります。

労働トラブルに対しては、
労働局が間に入って調停などの話し合いをすることが可能なので、
労働局を頼るのも良い方法の一つでしょう。
これらの方法で労働トラブルの解決が見込めない場合や、
一人で手続きを行うことが困難であれば、
弁護士に相談するといいでしょう。

性差別や外国人差別などに詳しい弁護士を頼ることで、
示談交渉や裁判手続きをスムーズに進めることができます。
弁護士に相談する場合は、
できるだけ早く相談することで
労働トラブルを早期に解決することができるでしょう。

合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店合同会社まぐねっと主催の福岡弁護士セミナー弁護士保険について合同会社まぐねっと合同会社まぐねっとにて弁護士費用保険Mikataお申し込み合同会社まぐねっとへ弁護士保険に関するお問合せ合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店
Copyright© 2016 合同会社まぐねっと All Rights Reserved.