未払い賃金を請求したい!
正当に給料をもらうために出来る対処法

勤務先の会社から賃金が支払われなかった場合、
どのように対処すればいいのでしょうか。
経理担当の人に未払い賃金について
話し合いをすることが考えられますが、
それでも解決しない場合は
法的な手段をとる必要があります。

賃金における労働トラブルが発生した場合、
未払い賃金を請求するためには
いくつか証拠を集めておかなければいけません。
裁判になった時に未払い賃金に関する証拠がないと、
主張が受け入れらない可能性があるからです。

こういった労働トラブルが発生するような会社は、
裁判になる前に証拠を破棄するようなところもあるので、
早めに対策をすることが大切です。
証拠に関しては、
労働時間に関するものと
賃金の単価に関わるものを用意する必要があります。
労働時間については、
タイムカードなどの記録をコピーしたり、
写真に撮っておくことで証拠として機能します。
タイムカードなどの仕組みがない場合には、
自分自身で勤務時間を記録しなければいけません。
日記やメモ帳の場合であれば、
毎日の記録が継続的に行われていることが分かれば、
証拠として有効になるケースが多いようです。
本来であれば、
会社側は従業員の勤務時間を把握している義務があるのですが、
小規模な会社の場合はその義務を怠っていることもあります。
だからこそ労働トラブルが起きやすいとも言えますが、
自身でしっかりと記録をつけておくようにしましょう。
また、賃金の単価についての証拠も
同時に確保しておくことが重要です。
給与明細書がある場合は、
それを証拠とすることができます。
給与明細が発行されないような会社であれば、
就業規則に記載されている給料の計算方法を根拠とします。
証拠の確保と平行して労働トラブルを解決するために、
会社へ給料の請求書を送ったり、
労働局へ申立を行ったりといった手段もとるといいでしょう。
一人では解決の見通しが立たない場合、
労働トラブルに精通した弁護士に相談するのも良い方法です。
未払い賃金の請求方法について弁護士に相談すれば、
裁判等によって解決することが可能です。
賃金の請求は正当な行為ですから、
労働トラブルを解決するためにも積極的に行動することが大切です。

合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店合同会社まぐねっと主催の福岡弁護士セミナー弁護士保険について合同会社まぐねっと合同会社まぐねっとにて弁護士費用保険Mikataお申し込み合同会社まぐねっとへ弁護士保険に関するお問合せ合同会社まぐねっと弁護士費用保険Mikataのプリベント少額短期保険株式会社代理店
Copyright© 2016 合同会社まぐねっと All Rights Reserved.